小野和子『あいたくて ききたくて 旅にでる』
6027cf726728be6dc3e4a4cb 6027cf726728be6dc3e4a4cb 6027cf726728be6dc3e4a4cb

小野和子『あいたくて ききたくて 旅にでる』

¥2,970 税込

送料についてはこちら

古書ほうろうのストア「カテゴリー」の「さまざまな土地を訪う 」の訪う(おとなう)は、この小野和子さんの本から得た表現です。 ——————  民話を語ってくださる方を訪ねて聞くという営みを、民話の「採集」や「採話」と言ったりする場合があります。ただ、わたしは、「語ってくださった方」と「語ってもらった民話」は、切り離せないものと考えています。だから「採集」や「採話」という言葉は使いません。  そのかわりに「採訪」と言っています。この「採訪」という言葉には、「《聞く》ということは、全身で語ってくださる方のもとへ《訪う(おとなう)》こと」という思いが込められています。そこで語ってくださる方と聞く者が、ときには火花を散らしながら、もう一つの世界へ入ってゆくことにより、深くつながってゆくのです。小野和子(袖文写し) —————— 2019年12月21日 初版発行 執筆:小野和子 編集:清水チナツ 写真:志賀理江子 寄稿:濱口竜介 瀬尾夏美 志賀理江子 造本設計・デザイン:  大西正一 協力:民話を語ってくださったみなさん  長崎由幹 福原悠介  みやぎ民話の会  せんだいメディアテーク 印刷:ライブアートブックス  川村佳之 清水チアキ 発行:PUMPQUAKES(パンプクエイクス)/清水チナツ